Contents Contact ATOM RSS  
Welcome to SiteTMYM 別館 ! (SiteTMYM 別館)
Welcome Guest ( Login | Register )    Current time is 14/07/29 - 03:38 PM.
メインメニュー
サイト内検索
アクセス数
今日 74
昨日 69
総数 238519
Site TMYMへ
Site TMYMへ移動するにはこちら。
ユピテル製レーダ S645i を取り付ける
トップ  >  Car  >  ユピテル製レーダ S645i を取り付ける

ユピテル製レーダ S645i を取り付ける

これまでもユピテル製レーダを使ってきたのだが、都内ではそれなりに誤報も多いので音量を絞って使っていた。
そうなると、目での確認と言うことになってしまうのだが、いかんせんLEDの点滅では分かりづらい。
そうした声を反映してか、今回のモデルS645iから有機ELのモニタが装備されたので、早速購入してみた。
ソーラ型なので外部より電源を供給しなくても動くのだが、省電力のためにGPSの間欠受信となってしまうようなので、電源は接続した方がいいだろう。
いっそのこと、ソーラパネルを外してその分小さく、安くしてくれれば良いのにとも思うのだが、セパレート型のCR660iqがあるし、最近のモデルは全部ソーラ型になってしまっているので無理だろうなぁ。

取 付

こんな感じで取り付けている。
以前のモデルのように、ウィンドウに吸盤で貼り付けて取り付ける事が出来なくなったようだ。
台座部分は同じだったので試しに以前のモデルの吸盤を使って取り付けてみたのだが、振動検出が出来なくなってしまうようで、外部より電源を供給していても、しばらくするとパワーオフしてしまう。
台座をダッシュボードに触れるような形で取り付ければ問題はないのだが、それだと微妙に視界を遮るので、このような取付となった。
W124のダッシュボードはフラットなので、こういうときには助かる。
糊跡とか日焼け跡がちょっと気になるが、しょうがない。
有機ELはこのような感じで見える。
確かに昼間でも視認性はかなり良いと思う。
設定次第では、速度やGPS受信状態などを常時表示させておくことができるのだが、有機ELの特性を考えると警告表示だけにしておいた方が長持ちすると思う。

ダウンロードアダプタ

ユピテルity.クラブに入会すると、こんなダウンロードアダプタを送ってくる。
入会申込みには本体のシリアルナンバーが必要なので、あらかじめ控えておくと良いだろう。
オービスデータとコンテンツデータが提供されているのだが、レーダ側では一度に一つのデータしか読み込めないので、更新手順を2回行う必要があるのがちょっとめんどくさいかな。
実際の更新データはテキストファイルだが、しっかり暗号化されているようだ。

ユピテルさんの方で2006年9月末まで、入会金半額キャンペーンお友達紹介キャンペーンと言うのをやっている。
お友達紹介キャンペーンの方は、契約期間が1ヶ月延長されるようなのと、抽選で名刺入れが当たるようなので、入会をお考えで紹介してほしい方がいらっしゃったら、お気軽にご連絡ください。
当然ですが、手数料などは一切頂きません。また、入会手続き自体もご自身で申し込んで頂きますので、こちらに個人情報を送っていただく必要はありません。(当方の氏名と電話番号を入力して頂くだけです)

カテゴリートップ
Car
次
OBD2/CANスキャナU581をばらす